主婦がキャッシングを内緒で利用するにはどうしたらいい?

MENU

主婦のキャッシングは難しくない

いろんな出費が重なって、もしくは急な大きな出費の必要が発生し、生活費が足りなくなってしまった!?…なんて経験、主婦なら誰もが経験した事があるのではないでしょうか?ほとんどの人が、お給料は毎月決まった金額です。でも、必要となるお金は変動したりするもの。時には足りなくなってしまう事もあるでしょう。「お給料日まであと少しなのに…」と思いつつ誰かに借りたいと思っても、なかなかそれも難しい問題。両親にお金を借りるのは忍びないですし、なによりも心配をかけたくないといった気持からも借りにくいでしょう。では兄弟や従妹などに借りるにしても、こちらも難しいもの。友人なんて、もってのほかです。お金の貸し借りは、たとえ返せたとしてもあまり良いものではないのです。

 

そんな時に頼りになるのが、キャッシングです。とはいえ、なかには内緒で借りたいといった人もいるでしょうし、騙されたらどうしようとか、書類を揃えられるかどうかといった不安や、怖い人相の人が出てきそうなイメージなどで、敷居が高いものとなっています。キャッシングを知らない人ほど、そうした不安が強いもの。

 

でも、実際のキャッシングではそんなことはありません。ヤミ金融のような悪徳金融会社に引っかからない限り騙されませんし、書類もそう難しいものではありません。もちろん、ヤクザのような人ではなく普通のスタッフが対応しますし、内緒で借りることもでいるのです。


有名キャッシング会社をチェック

ちょっと怖いイメージを持たれやすいキャッシングですが、昔と違って今はとても気軽に利用できるものとなっています。若い人も普通に借りて、そして当たり前のように返済。わざわざ窓口にまで出向かなくても、パソコンやスマートフォンなどで申込が可能と、いつでもどこでもできる体制になっているのです。もちろん、キャッシングの申し込みだけでなく契約から借り入れ、そして返済までも、すべてネットで完結させることができます。

 

こんなにも気軽で便利なシステムへと変わってきているので、なかなか家を離れられない、小さいお子さんや看病でつきっきりの主婦の方でも簡単に利用可能。インターネット環境があれば、いつでもどこでも…自宅からちょっとした時間に申し込むことができるのです。

 

とはいえ、やはり不安なのは変わりありません。最初は、知名度も高い有名なキャッシングサービスを中心に比較検討してみましょう。大勢の人が利用する貸付実績が豊富な、テレビコマーシャルでもお馴染みのキャッシング会社を選ぶと安心です。


テレビコマーシャルでも有名!アコム

最短1時間で融資可能。アコムを利用するのが初めての人には30日間、無利息。もちろん、周囲の人にも内緒でキャッシングすることが可能です。

 

必要な書類は運転免許証もしくは健康保険証等で、借入総額によっては収入証明書(源泉徴収票等)が必要となります。連絡先は携帯電話の番号でOKで、利用明細についてはペーパーレスでインターネットで確認する事が可能なので、郵送物もなくバレる心配がありません。

 

アコムが指定する銀行であれば、午後3時以降でも振込んでもらうことができ、平日であれば午後7時と遅くまで対応してくれます。楽天銀行であれば平日だけでなく土日も24時間対応し、最短1分で振込まれます。それ以外の銀行や信用金庫だと、平日14時までにWEB契約を完了させると、当日振り込みが可能となります。また、ネットで申し込んだ後に、自動契約機の「むじんくん」に行くことで、平日だけでなく土日祝日も夜の10時までカードを発行する事ができますので、仕事帰りに済ませることもできます。

 

年齢的に見ると、20代や30代の主婦に人気で、新規契約者の7割を占めているほど。専業主婦は難しいですが、パートやアルバイトなどの安定した収入がある主婦の方であれば、利用する事が可能です。


お笑い芸人が目印!?アイフルのキャッシング

平日や土日祝日の当日借り入れも可能で、インターネットで申し込んだ後に、9時〜21時の間にフリーダイヤルで電話することで、審査を優先的に受けることができます。もちろん、家族や職場の人にもわからないように在籍確認をおこないますが、職場に電話をしなくても借りられる方法もあります。

 

申込は店頭窓口だけでなく、パソコンやスマホによる借入、そして返済の手続きがおこなえますので手間がありません。また、郵送は避けたければ、自動契約機「てまいらず」でカードを発行すればOK。家族にバレることもありません。自動契約機まで行けない…なんて場合は、配達時間を選べる「配達時間えらべーる」で、家族がいない時間帯に届けてもらえるようにすることができます。不安視される固定電話の登録も携帯電話でOKですし、利用明細書も自宅に送らないでネットで見ることができます。

 

借入るときは、コンビニなどにある提携ATMを利用することができるので、傍からみれば自分の口座からお金を引き出しているようにしか見えません。ちなみに、提携先としてはセブン銀行・イオン銀行・三菱東京UFJ銀行・ローソン・イーネットと豊富です。もちろん、返済もこれで済ませることができます。


夫に内緒のキャッシング

 

夫や家族に内緒で借りたい!


パート勤めの主婦の方や、派遣社員として働く主婦の方、そして家事と育児に専念する専業主婦の方が、ご主人や家族に気が付かれないように内緒で借り入れをするにはどうしたらいいでしょうか?お金を借りられるところはたくさんありますが、安心や信頼の高さからいうと、大手銀行系の金融会社のカードローンがおすすめです。

 

毎月決まった金額での家計のやりくりは、実は意外と大変。冠婚葬祭など…急な出費が続くこともあるからです。出費が重なってしまった日などは、前借をする感じで気軽に、でも計画的にキャッシングを利用する人が増えています。ほとんどの人が、夫や家族に内緒にする理由は、よけいな心配をかけたくない…といった気持から内緒でキャッシングを利用するようです。

 

また、さまざまなストレスに直面することが多い主婦は、ストレス発散として買い物やお友達との食事を楽しんだりすることも。24時間、仕事や家の事、そして子供の事と縛られているのですから、こうした息抜きも必要。あまり頻繁にあるのも問題ですが、たまになら許されるもの。そんな時に必要なお金をキャッシングするのもありです。

 

ただ、いざお金を借りようとすると、やはり不安な気持ちが大きく占めるものとなります。特に、キャッシング会社から電話連絡や郵便物が届き、それを夫や家族が受け取ってしまってバレるのでは…なんて心配があります。でも、それも問題なし。最近のキャッシング会社では、自宅ではなく携帯電話に連絡をいれてくれたり、インターネットとメールで済ませてしまう事ができるようになっているのです。配偶者の同意書や所得証明書の提出が不要で済むところもあるので、夫に話さなくてもキャッシングすることができるのです。

 

とはいえ、手軽に利用できる分、借りすぎないように自分自身でセーブしないといけません。いくら借りて、いつまでに返済しなければいけないのか…しっかりと返済計画を立ててから借ります。そして、借りすぎないように注意して、上手に活用するようにします。

 

おすすめの内緒で借りられるキャッシング会社


●アコム
最短時間で融資可能!初めての人には30日間の無利息キャッシングという、お得なサービスがあります。実質年率は3.0%〜18.0%、来店・担保・保証人は不要。パートやアルバイト、安定した収入がある主婦であればOK。

 

●モビット
10秒簡易審査で融資可能かどうかがすぐにわかります。パソコンやスマートフォンからのWEB完結にたいおうしており、自宅や職場への電話連絡もないですし、郵便物もありません。実質年率は3.0%〜18.0%、来店・担保・保証人は不要。パートやアルバイト、安定した収入がある主婦であればOK。

 

●スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」
他行の口座でも最短即日融資が可能。来店不要でWEB完結なので、日本全国どこからでも申し込みができます。ゆうちょ銀行ATMやコンビニATMでの借入・返済が可能。実質年率は3.9%〜14.9%、来店・担保・保証人は不要。パートやアルバイト、安定した収入がある主婦、そして専業主婦もOK。

 

同意書が不要

 

同意書が必要な場合、不要な場合


主婦がキャッシングをする際、場合によっては配偶者である夫の同意書が必要となります。でも、夫には内緒で借りたい場合…できれば同意書はなしでキャッシングを利用したいもの。その場合は、同意書が必要でないキャッシング会社から借りるようにしましょう。夫にお金の相談ができない、内緒で借り入れをしたい…なんて人向けの、しかも信頼感も高いキャッシング会社はいくつもあるのです。

 

ちなみに、専業主婦の場合では、消費者金融やクレジットガードの信販会社などでカードローンを利用することは難しいです。なぜなら、2010年の貸金業法の改正(総量規制)によって、借り入れ条件が厳しく制限されてしまったのです。それは、年収の3分の1以上は貸してはいけない…というもの。

 

ただし、これには2つの例外が認められています。1つ目は「配偶者貸付」と呼ばれるもので、配偶者の同意書と、住民票又は戸籍抄本などの婚姻関係を示す書類、そして一定金額以上の場合では配偶者の年収を証明する書類を提出すれば、夫婦2人分の年収を合算した数字での借り入れができるのです。ただ、これを実際にやったとしても、書類の確認や審査などに時間がかかることになり、コストパフォーマンスが悪い事からも、本人に収入がないとやっていないことがほとんど。厳しい状況であると言わざるを得ません。2つ目の例外は、銀行のカードローンです。銀行は総量規制が適用されないので、専業主婦の方でも問題なく利用する事ができるのです。

 

これらの事からも、収入がない専業主婦の人が利用できるキャッシングというのは、配偶者貸付をおこなっている金融会社や銀行のカードローンのどちらか。パートや派遣社員といった、少しでも収入がある主婦の方では、夫の同意書がなくても大手消費者金融会社のキャッシングを利用する事ができます。

 

同意書不要のおすすめキャッシング


●アコム
借入総額によっては源泉徴収票などの収入証明書が必要となりますが、基本的には運転免許証もしくは健康保険証のみ。パートやアルバイトといった、安定した収入がある主婦であればキャッシング可能。

 

●イオン銀行カードローンBIG
最短で当日借り入れ可能。専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば50万円までキャッシングの申し込みが可能。もちろん、夫の同意書や収入証明書などの書類は不要で、夫への電話することはもちろん職場への電話連絡もありません。

 

●じぶん銀行カードローン
夫はもちろんパートやアルバイト先にも内緒にできる銀行カードローン。専業主婦や年金受給者への在籍確認の為の電話はありません。総量規制適用外なので、専業主婦でも30万まで借りることが可能。夫の同意書や収入証明書などの書類は不要で、夫への電話することはもちろん職場への電話連絡もありません。

 

●スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」
来店不要でネットで申し込みから契約、審査、融資までが完結。日本全国から申し込みが可能となっています。パートやアルバイトの主婦の方はもちろん、専業主婦でも利用可能。夫の同意書や収入証明書などの書類は不要で、夫への電話することはもちろん職場への電話連絡もありません。

 

夫への電話連絡はNG

 

夫への電話連絡がないキャッシング会社もある


夫や家族に内緒でキャッシングをしたい…なんて方は多いもの。急な出費で生活費や教育費が足りなくなってしまった、やり繰りが下手なところを知られたくない、友達と行きたいところがある、または一生懸命に働いている夫にお金のことで心配をかけたくない、など…いろいろな理由があってキャッシングを考えると思います。

 

内緒でキャッシングしたい主婦にとって心配なのが、審査の際に夫へ電話連絡をするかどうか…ということ。また、夫が働く職場への電話もあるあのでは…なんて不安になりますが、キャッシング会社の中には、夫やその勤め先に電話をしないところもあります。キャッシングを利用している事を秘密にしてくれる会社もあるのです。

 

パートやアルバイト、派遣社員などで一定の収入を得ている主婦の人であれば、申込者本人の名義で契約ができるので夫への電話連絡などの心配はありません。もちろん、配偶者である夫の同意書や収入証明書なども不要です。

 

ただ、専業主婦の場合ではちょっと話が違ってきます。大手消費者金融会社や信販会社などでは借りられないケースがほとんどなので、それよりも銀行のカードローンを利用する事となります。両者の違いは、総量規制が適用されるからされないかで、消費者金融会社や信販会社などは適用されるからこそ専業主婦には厳しく、銀行は適用されないので利用しやすいようにされているのです。

 

しかも、専業主婦の方が銀行系キャッシングで利用することになった際にも、心配する夫の同意書や所得証明書などの提出や、夫への電話連絡もなし。専業主婦でも夫に気が付かれないようにキャッシングを利用する事が可能なのです。

 

誰にも見られたくない!


お金を借りる際、夫や家族だけでなく、知り合いにもみられたくないもの。ですから、お金は借りたくても消費者金融の窓口には…ちょっと出入りしたくないですね。自動契約機から出てきたところでバッタリ会ってしまったら…なんて最悪です。

 

また、それ以前に消費者金融会社に行くこと自体がちょっと抵抗があります。テレビコマーシャルや広告などで有名なキャッシング会社であっても、評判が良いことは十分に知っているキャッシング会社であっても…なんとなく緊張してしまいます。緊張しすぎて、悪い条件を提示されてしまった時や条件に合わない際に、うまく自分なりの回避したり相談したりすることができないかも…なんて不安な気持ちも強くなります。

 

そんな時は、インターネットで申し込むといった方法があります。ネットから申し込み、審査、契約、融資と済ませることができ、来店することがなし。自宅で好きな時間にできるので、あせらずゆっくりと、そして夫や家族のいない時間帯を狙って手続きをすることができます。スマートフォンがあれば、家の中だけでなく外出先からも申し込み可能です。

 

心配するお金の借り受けに関しては、キャッシング会社にいかなくても、銀行やコンビニの提携ATMから引き出すことができます。銀行口座に振り込んでもらう事も出来ますので、こちらもキャッシングしているとはわからないのです。

 

ケースによって異なる借り方

 

勤続期間は長い方がいい


パートやアルバイトなど…勤務形態が非正規であっても、申込者本人に安定した収入があるということには変わりません。なにか特別な事情がない限り、下手に辞めさせることはで法律でできない事となっていますので、キャッシング会社でも厳しく制限することはありません。

 

ただ、正社員の人とは違って借りられる額が少なくなります。とはいえ、50万までは設定可能なのですから、よほどの借金があるといった人以外は問題ないでしょう。50万までであれば、源泉徴収票や給料明細書などの所得証明書類を準備する必要もありません。基本的には運転免許証などの本人確認ができる書類があればOK。運転免許証がなければ健康保険証やパスポートといった、公的な書類を用意することになります。

 

また、申し込み時に記入する連絡先は、自宅の電話番号ではなく携帯電話にしておくと、自宅に連絡が入って夫や家族にバレる…なんて事態を防げます。郵送をしてほしくない場合は、パソコンやスマートフォンで申し込み、審査結果を確認した後に近くの自動契約機でもカードと契約書類などを受け取るといった事もできます。

 

ちなみに、パートやアルバイトなどを初めてまだ日が浅い…なんて場合はちょっと厳しくなるので、最低でも3か月間は働くようにしましょう。3か月間働いている実績があれば、大手金融会社のキャッシングサービスなども受けられます。3ヵ月未満で収入が少なくても、年齢が20歳以上で過去に借金の返済トラブルなどがなく、収入もそこそこ良い金額であれば、担保・保証人無しで借りることが可能です。

 

キャッシング会社にもよりますが、早くお金を借りたい場合は、平日の14時までにインターネットで契約を完了させるようにしましょう。融資希望額を、銀行口座に振り込んでくれます。カードが自宅に届くのを待つ必要はないので、すぐに必要なお金を借りることが可能となります。

 

ただ、銀行口座への振り込みでは、通帳に記録が残ってしまうものとなります。それはちょっとやばい…という場合は、自動契約機で契約するのがおすすめ。ネットで申し込みから審査までおこない、自動契約機でキャッシング用のカードと契約書類を受け取り、隣接している金融会社のATMやコンビニにある提携ATMでお金を引き出すことができます。

 

派遣会社勤務の場合の在籍確認は?


主婦で派遣社員の方も、キャッシングすることは可能です。ただ、気になるのは勤務先の記入…。この場合は、実際に通勤している派遣先の会社名ではなく、派遣社員として登録している派遣元の会社名になります。となると、在籍確認は実際に自分がいるところではなく、派遣元の会社となります。でもそれでは申込した本人がいないので、在籍確認をすることができなくなってしまいます。

 

こうした事態を避けるためにも、事前に派遣元の会社に在籍確認の電話がくることを伝えておきましょう。ただ、その際にはキャッシングの審査でとはいわず、クレジットカードを作るのでといった別の理由で伝えても大丈夫。キャッシング会社の方でも、わざわざ融資の為の確認電話とは言いません。

 

高齢者や妊婦さんは?

 

60歳を過ぎてもキャッシングは利用できる?


60歳を過ぎた高齢の主婦の方が、夫や家族に内緒でキャッシングができるのかというと、ダメなことはないですが、ちょっと年齢制限が厳しいものとなります。60歳であればまだ働いている人も多くいるでしょうが、年齢によって待遇も下がりますし、いつまで働き続けるのかもわからなくなってきます。

 

一般的には、60歳以上69歳以下の年齢であれば、全てのキャッシング会社とはいわなくても、いくつかのキャッシング会社で利用できるものとなります。例えば、満65歳未満としているのが「イオン銀行カードローンBIG」。69歳以下まで利用可能なのが「アコム」「アイフル」「プロミス」「モビット」で、いずれも専業主婦はNG。70歳未満までが「静岡銀行カードローン セレカ」や「じぶん銀行カードローン」となっています。早いところで65歳、遅くても70歳で利用停止になるようです。

 

また、パートなどの収入がなくてもおかしくない年齢。収入が年金だけ…となっている方は、さらに厳しいものとなります。年金は確かに決まった金額をくれますが、それを安定した収入と認めてくれるかどうかは金融機関次第。認めてくれたら、貸してくれることとなります。

 

どこからも借りられないとなると、闇金などの悪徳金融業者にうっかり手を出してしまいやすいもの。実際、年金受給者による闇金被害が多いのです。これらは絶対に関わってはいけないもの。どうしてもお金に困ってしまったら、生活福祉資金制度や生活保護といった公的支援を受けるようにしましょう。その方が安全で確かです。

 

妊婦さんの場合は?


出費が一時的に大きく増えるのが、妊婦さん。妊娠は突然来ることが多く、「しまった!出産費用が足りない!?」なんてことも…。なにせ、出産までにかかるお金が結構あるのです。生まれてくる赤ちゃんの為の身の回りの品はもちろん、マタニティ関連の品物も結構な金額となります。定期検診も受けなくてはいけませんし、おなかが大きくなるにつれて、それまで働いていた人も働けなくなってきます。つまり、それまで一定の収入を得ていた主婦の場合、収入が大きく下がるのです。

 

収入は下がっても、支出はそう簡単には下げれません。もちろん、誰もが下がった収入に見合うように下げるよう努力するでしょうが、出産に向けての費用もかかることから、なかなかそううまくはいかないこともあります。そんな時に便利なのがキャッシングです。

 

ただ、妊婦さんの場合では、ほとんどの場合で配偶者である夫に安定した収入があることが条件になることが多いようです。申し込み時に税込みの世帯年収を記入する必要がありますが、夫の給与明細や源泉徴収票などの収入証明書類の提出に関しては、自己申告だけで不要としているところもあります。この場合、夫への電話連絡などもないので内緒で借りることもできます。

 

一番簡単なのは、妊娠前にカードを作っておくことです。働いて一定の収入を得ている人はなおさら、収入があるときに申し込んで作っておいた方がいいでしょう。事前に作っておけば、いざというときに慌てなくてすみます。